スキャルピングに適した相場


スキャルピングに適した相場というのは、ある程度の変動を残しつつも大きなトレンドが発生していない状態です。数pipsを抜くといっても、スプレッドなども考慮するならばやはりある程度の変動は必要になってきます。

一方であまりに大きなトレンドが発生していると、短時間のテクニカル分析によるシグナルはまったく役に立たなくなってしまいます。よって、スキャルピングにとっては、レンジ相場が長期間続くというのが理想的な市場の状況となります。

為替の変動によって利益を出す金融取引


sdif FXとは何かということを一言で言いますと、為替の変動によって利益を出す金融取引といえるでしょう。株式取引と同じように外貨を安く買って高く売るないしは高く売って安く買うというどちらかで利益を出します。おすすめの業者はこのリンクをクリックでどうぞ。売りからから入ることも可能ということから株式信用取引に似ているといえないこともありません。

FX取引の大きな魅力は大きくいって4つに分けられます。

一つ目はレバレッジを利かせることによって少ない自己資金でも大きな取引をすることができ、それによって大きな利益を上げることができるということです。例えば25万円の証拠金があれば国内業者ではレバレッジ規制の最大限の25倍のレバレッジを利かせた取引をすれば100万円の取引が可能ということになります。レバレッジ規制がかかる前には100倍というような大きなレバレッジもありましたが、徐々に規制がかかり現在では最大でレバレッジは25倍までとなっています。もちろん25倍以下でも構いません。株式信用取引などでは3倍程度のレバレッジしかありませんから、25倍のレバレッジでも大きなものだといえます。ただし、大きなレバレッジは大きな利益を生むこともありますが、その反対に損失が大きくなってしまうこともあり得ますのでそれは注意が必要となります。

二つ目はFXの業者の手数料は非常に安く設定されているか、手数料がないということもあります。例えば頻繁に取引を繰り返すようなことがあっても手数料で利益が大きく減るということはありません。

三つ目にはFXは為替通貨の取引であるので、世界中で24時間取引が行われているので、FX取引も24時間取引をすることができます。日時も月曜日から土曜日の朝までは取引ができます。そのうえ、システムが整備されてきたせいもあり、スマートフォンなどで簡単に取引することが可能になっています。

四つ目にはスワップポイントでも利益を得ることができるということです。FXは基本的には為替の変動で利益を上げるものでありますが、世界には日本のように金利が低い通貨と金利が高い通貨があります。金利の低い通貨で金利の高い通貨を買うとその金利差がスワップポイントとしての利益になりますので、金利差が大きいとそれだけ大きな利益が出ることになります。ただし、金利の高い通貨で金利の低い通貨が買うと逆金利差が出てしまいますので、マイナスのスワップポイントとなり損失が出る場合もあります。