スキャルピングに適した相場


スキャルピングに適した相場というのは、ある程度の変動を残しつつも大きなトレンドが発生していない状態です。数pipsを抜くといっても、スプレッドなども考慮するならばやはりある程度の変動は必要になってきます。

一方であまりに大きなトレンドが発生していると、短時間のテクニカル分析によるシグナルはまったく役に立たなくなってしまいます。よって、スキャルピングにとっては、レンジ相場が長期間続くというのが理想的な市場の状況となります。

投資取引との付き合い方


 投資による資産運用と聞くと、多くの場合は専門知識が必要であったり、日中での時間が拘束されたり、大きな余剰資金が無くてはならない、というイメージが強いかと思います。

しかしながら、現在の投資取引の形は、より簡単に、より便利に、よりコンパクトになっていく傾向が強く、例えば日勤をしている標準的なサラリーマンであっても、日々の仕事に圧迫を与えることなく、仕事の合間や夜の時間を使って効率的に、かつ、一ヶ月のお小遣いの中からでもしっかりと始められ、その資産を増やしていくことが可能になっています。

こうした、言わば現代のライフスタイルに適合した投資取引や金融商品は、いま、その活を急激に増やしているため、適切なものを選択すれば、例えば、ランチ代程度の資金からでも取引きを行うことができるのです。

投資取引では、そのリスクがしばしば話題に上りますが、リスクだけを切り取って言えば、例えば銀行に預けているお金にも、投資を行う場合と同じリスクが掛かっています。

銀行であれば、普通貯金であってもその銀行が倒産した場合は、1千万円以上の貯金額に対しては保証がされておらず、最悪のケースではそのお金は失われてしまいます。
土地などでは、大きな税金がかかるため、その税金を払うために土地そのものを切り売りしていくという事などもあり、こうしてして考えると、資産というそのものが流動的な価値を持っている物で、その資産を維持するためには、何らかの運用をしなくてはならず、そこには必ず、リスクとリターンが存在しているという事を忘れてはいけません。

こうした投資取引は、その投資を行う期間の長さにより、大まかに三種類に分けられるでしょう。

長期的な投資では、多くの場合資産の運用に安定性を与えることができます。リスクが少ない分そのリターンも少ないため、たとえば、定期預金のように大きな資産を保持し続けるような形のスタイルになる事がほとんどです。

中期的な投資は、長期投資よりも資産の流動性が高く、それに伴い意図的に利益を求めて資産を運用することもできるようになります。株の売買取引など、投資の現場の大局的な動きを予測して投資を行うことで、リスクやリターンをコントロールしやすくすることができます。

短期的な投資を行う場合は、そのリスクについてしっかりとした危機意識が必要になりますが、その分利益を大きく取ることができるので、短期間に資産を増やしていきたい場合には最適と言えるでしょう。

大まかにこのような形に分けることができますが、投資そのものに携わる時間だけで言えば、短期取引が最も時間を取られ、長期取引がもっとも少ないと言えるでしょう。
デイトレードというような言葉を聞いたことがあると思いますが、こうした短期取引では、相場のレート変動をつぶさに見ながら、その場で取引きを行って利益を得ていくために、例えば一日のほとんどを投資取引に割かなくてはなりません。

こうした、投資取引の形態による特徴もとらえておくと、金融商品を選んで資産を運用する際に役に立つでしょう。
また、同じ長期タイプ、中期タイプ、短期タイプであっても、その投資取引の特性などにより、例えば短期タイプでも利益をおさえることでリスクコントロールを簡単にしているものや、一つの投資取引であっても、その投資の方法を自らかえることで、長期から短期まで柔軟にタイプを変えることができるものもありますので、まずはいろいろな投資取引を研究してみることをお勧めします。